knaked blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASKA

                       Adachi Takuto adachi takuto
政治やゴシップのような時事ネタを語るのは好きじゃなんですが、俺のヒーローASKAについて。小学生の時、初めて買ったシングル、アルバムはチャゲアスだった。なので思い入れも強いし、贔屓目です。

ASKAが捕まった。テレビやネットがASKA祭りだ。
そりゃ、あの飛鳥涼が逮捕となれば、話題のネタになると思います。一時代を作ったヒーローなんで、しょうがねえ。面白がる人がいたり、ショックを受ける人が絶対おると思います。最高のエンターテイメントの失態ですかんね。

ちっさい頃にチャゲアスは全盛期で、彼らの事を知らない奴はいなかった。自分も大好きで、チャゲアスの生放送の特番にFAXを送ったりしていました。とにかくヒーローでした。
その後、成長と共に新譜を追ったりしなくなったりしたものの、自分がバンドを始めて、チャゲアスの楽譜の複雑さだったり、ASKAの声の出し方のすごとか、マイクって何?とか、もちろん偉業もそうやし、俺の小学生の頃のヒーローASKAはやっぱすごいんやなと、年をとってみて解ったりしました。

自分が初めてASKAにショックを受けたのは、12〜13歳の時でした。
全盛期の彼は、ものすごい量と規模のステージ、録音をこなしていました。その密着みたいなのテレビを観ていた時、ライブ前の彼は「声が出なくなったので注射を喉に2本打った」ってカメラに言ってステージにむかっていました。もちろん、全ての職業の人が魂や体の何かしらを削って働いていると思うんですが、当時の俺には無敵のヒーローの疲れた姿は単純にショックでした。
今の30代の俺の意見を加えれば、当時でも地位と名誉と金を持っている人が、喉に注射を打ってまでステージに立つ姿を見て「キャンセルしなよ!ひ孫の代まで金あるでしょうに!体休めなよ!」って思う。ASKAは待っている客の為に色んな物を削っていたんだなと、思います。
そんなストイックな奴が近年、老いもあって如実に当時のキーが出なくなっていました。すごい自分の見解だけれど多分、色んな物から逃げれなくなったのかと。

「初報道から8ヶ月もあるんやから、薬抜きくらいしろよ」と思う人もおると思うんですが、薬って本当に制御
きかんのやなって思うし、それはASKAが駄目なんじゃなくて、薬が怖いと思う。

でも音楽に薬は付き物で、ビートルズも皆元薬中。
今、チャゲアスやASKAのCDを発禁にしたり、面白がったり批判する奴らは、ビートルスやニルバーナ、ボブマーリー、ジミヘン、ストーンズ、WHO、全部捨てて欲しい。
現在、彼は誰にも迷惑はかけてないけど、法を破った犯罪者やけど全てが終わった頃には、今が過去になって、長渕や槇原みたいに語られない事件みたいになると思うし、突出したフィジカルと才能を見せつけてくれると思うんです。
そう思ったら、ショックに思った人は、未来が楽しくなると思うんす。面白がる人は、永遠に縄文土器で雨水を飲んどきゃええし。

なんて、長い文を書きましたが、俺のヒーローについてでした。

by HIDE & TAKUTO の足立より
スポンサーサイト

飛んでけ、FREEの力

                                   KNAKED dori-k.gif
こんにちはタラちゃんでちゅ。すいません。

今月、comic Krow vol.RE を発行しましたが、
あれからもう2軒置かさせて頂くことになりました。

まず、1軒目は、デザイン・クリエイティブセンター神戸 (KIITO)

なぜ、神戸かと申しますと、我々が活動休止していたこの2年半、
KNAKEDのメール受信箱は、印刷屋からの広告や知り合った方々
からの展示情報、英語で書かれた迷惑メールでパンク寸前。

恐る恐る大量の同じようなメールを、お腹を掻きながら久々に開いてみると、
その中に一件、「comic Krow 設置のお願い」と。

それが1年半前のメール…。

活動休止していたとは言え、連絡も返さず放置していたことに、
なんだか居た堪れない気持ちに。

そして今回、いい機会を頂いたので、償いではないですが、
ダメ元で神戸に連絡、心良く受け入れて頂きました。

飛んでけ〜

そして2軒目は、休止前にもお世話になっていた6次元

あれから色々あり、僕の住む拠点は今は荻窪に。

そのきっかけを作ってくれたのも、6次元のお陰と言っても過言ではありません。

毎月のようにKrowを配布する中、荻窪にある6次元になんどか足を運ぶ内に、
呑み屋街の雰囲気や懐かしいような商店街の魅力に少しずつ惹かれていきました。

そして荻窪に住むようになり、半年ぐらいが過ぎて街にも慣れてきた頃、
『人が集まる「つなぎ場」のつくり方』の本を読みました。



そこには僕が知らなかった6次元が詰まっていました。

空間、「場」作りを大切にし、そこから生まれる出会い、
つながりをつくるコミュニケーションカフェ。

そんな考え方が詰まった場所とは知らずに、
Krowを置かさせて頂いていたことを反省しました…

もしかしたらあの時のKNAKEDの理想像、僕が探していた、
楽しみの先の答えがそこにはあったのかもしれません。

今回、復刻版を持っていた時、覚えてて頂いてたらしく、
「あっ!?」っと喜んで頂いた笑顔を見た時、
2年半ぶりにこれこれと嬉しさを噛み締めるのを思い出しました。

持ってけ〜

久々に会った水野さんは、前と変わらず自分の中の
なにかを追求する素敵なアーティストでした。

こんな人が近くにいれば、若手もそれを原動力にいろんなことにチャレンジし、
描き続けれるんだろうなと、まじまじと感じました。

そんなこんなで足立は今も描き続けています。
他のみんなも負けじと描き続けています。

水野さんの個展は終わってしまいましたが、comic Krow vol.REはまだまだ配布中です。
配布場所は前よりも少ないですが、見かけたら是非。

タラちゃんでちゅた。すいません。
uro_convert_20140224005308.jpg
↑ロゴも新しくなりました。“ウロボロスくん”無限の可能性。

comic Krow vol.RE

                                   KNAKED dori-k.gif
お久しぶりでございます。裸の悪党、KNAKEDでございます。
約2年半前comic Krowを休刊し活動休止を宣言した私たちですが、実は、2月2日こっそりcomic Krowを発行しました。

中澤と二人で飲んでいると、なんとなくKNAKEDの話になる事が多く「じゃあ何かするか」とよく話していました。しかし、当時20代だった私たちもこの2年半で環境も変わり、休みも合わなくなり、太り、なんとなく『こんな事やろうぜ』と先の話を酒の肴にして、たまに合う時間に飲んでいるだけのおっさん2人になっていました。そんなデブ2人にある話が舞い込みました。

unseal contemporaryで現在行われている水野健一郎展『MICROFICTION 2014』に行った時のことです。
この展示は、『NININ』という(仮想現実からの現実への影響と異星人の寄生)物語の想定が展示されているのですが、そこにcomic Krow vol.15で掲載されている絵が1枚展示されています。
水野さんと話ていると『NININ』という物語もその1枚から生まれたと聞き、嬉しくなりました。
その後、深い時間まで水野さんと喋っている時「その絵がのっているKrowを復刻版を出そう」という話になり、翌日、中澤とその話を肴にまた飲むのでした。

それから、すぐに復刻版の製作に取りかかるのですが、そこからが大変でした。
印刷工場への入稿方法や納期をばっちり忘れていて、入稿はしたものの工場側も「完成形これで良かったっけ?」とKrowの事をばっちり忘れていました。予定を1週間オーバーしましたが、綺麗な製本のKrowが完成しました。このブログの書き方もばっちり忘れていて今大変です。
2月2日、ラーメン食って、本買って、神社でお守り買って、CULTUARTで飲む約束して、プリクラ撮って失敗して、タクシー乗って、ピザ食って、1日中ふざけながら配布してきました。

今回、こういう機会をくれた水野さんに感謝しています。
そして、2年半前に休刊を惜しんでくださった方々、メールをくだっさた方々の言葉が力になりました。
本当に感謝しております。
また、新しい企画やKrow最新号なんかは、気長に待って頂ければ、嬉しいです。


手に入るとこ↓(まだ全部配布しきれてないので、随時報告します。)

TOKYO CULTUART(原宿)

book&galley NADIFF(恵比寿)

3331 Arts Chiyoda(千代田)

unseal contemporary(馬喰町)

knaked_20140202_convert_20140204013239.jpg

そろそろやりますか

                                   KNAKED dori-k.gif
ヒデ顔_筆_02

『beginning』玉置容之 初個展

                                   KNAKED dori-k.gif
お久しぶりのブログ更新は玉置容之の初個展情報です。

7年間描き続けた“顔”たちを展示。

ぜひどうぞ。

main.png

『beginning』
日時:2012.03.20(火)~04.01(日) 休廊:03.26(月)
時間:12:00~19:00
場所:thorn tree gallery
東京都中央区日本橋小伝馬町17-17峰沢ビル1F

 | HOME |  »

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

knaked

knaked

FC2Ad

!-- [FC2 Analyzer] http://analysis.fc2.com/ -->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。