≫2014年05月17日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASKA

                       Adachi Takuto adachi takuto
政治やゴシップのような時事ネタを語るのは好きじゃなんですが、俺のヒーローASKAについて。小学生の時、初めて買ったシングル、アルバムはチャゲアスだった。なので思い入れも強いし、贔屓目です。

ASKAが捕まった。テレビやネットがASKA祭りだ。
そりゃ、あの飛鳥涼が逮捕となれば、話題のネタになると思います。一時代を作ったヒーローなんで、しょうがねえ。面白がる人がいたり、ショックを受ける人が絶対おると思います。最高のエンターテイメントの失態ですかんね。

ちっさい頃にチャゲアスは全盛期で、彼らの事を知らない奴はいなかった。自分も大好きで、チャゲアスの生放送の特番にFAXを送ったりしていました。とにかくヒーローでした。
その後、成長と共に新譜を追ったりしなくなったりしたものの、自分がバンドを始めて、チャゲアスの楽譜の複雑さだったり、ASKAの声の出し方のすごとか、マイクって何?とか、もちろん偉業もそうやし、俺の小学生の頃のヒーローASKAはやっぱすごいんやなと、年をとってみて解ったりしました。

自分が初めてASKAにショックを受けたのは、12〜13歳の時でした。
全盛期の彼は、ものすごい量と規模のステージ、録音をこなしていました。その密着みたいなのテレビを観ていた時、ライブ前の彼は「声が出なくなったので注射を喉に2本打った」ってカメラに言ってステージにむかっていました。もちろん、全ての職業の人が魂や体の何かしらを削って働いていると思うんですが、当時の俺には無敵のヒーローの疲れた姿は単純にショックでした。
今の30代の俺の意見を加えれば、当時でも地位と名誉と金を持っている人が、喉に注射を打ってまでステージに立つ姿を見て「キャンセルしなよ!ひ孫の代まで金あるでしょうに!体休めなよ!」って思う。ASKAは待っている客の為に色んな物を削っていたんだなと、思います。
そんなストイックな奴が近年、老いもあって如実に当時のキーが出なくなっていました。すごい自分の見解だけれど多分、色んな物から逃げれなくなったのかと。

「初報道から8ヶ月もあるんやから、薬抜きくらいしろよ」と思う人もおると思うんですが、薬って本当に制御
きかんのやなって思うし、それはASKAが駄目なんじゃなくて、薬が怖いと思う。

でも音楽に薬は付き物で、ビートルズも皆元薬中。
今、チャゲアスやASKAのCDを発禁にしたり、面白がったり批判する奴らは、ビートルスやニルバーナ、ボブマーリー、ジミヘン、ストーンズ、WHO、全部捨てて欲しい。
現在、彼は誰にも迷惑はかけてないけど、法を破った犯罪者やけど全てが終わった頃には、今が過去になって、長渕や槇原みたいに語られない事件みたいになると思うし、突出したフィジカルと才能を見せつけてくれると思うんです。
そう思ったら、ショックに思った人は、未来が楽しくなると思うんす。面白がる人は、永遠に縄文土器で雨水を飲んどきゃええし。

なんて、長い文を書きましたが、俺のヒーローについてでした。

by HIDE & TAKUTO の足立より
スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2014-05 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

knaked

knaked

FC2Ad

!-- [FC2 Analyzer] http://analysis.fc2.com/ -->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。